父子家庭でも生きる (^_^)

 ~重度知的障害の一人息子との日々 そして親の介護~

024 車のハンドルの持ち方は9時15分

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ

こんにちは。こーじです。

 

私の息子ふーじは現在19歳です。

重度知的障害があり言葉を話すことはできません。

私はふーじを車に乗せて、よく近所ドライブに

出かけます。

生活品の買い物や、気分転換など

ほぼ毎日出かけます(*^_^*)

 

ふーじは日頃から愛用品があって、

ドライブの時はこれらを持って行きます。

きっと落ちつくんだと思います(*^_^*)

 

 ふーじの愛用品についてはこちらです。  

kouji-fuuji.net

 

 最近海までドライブしたお話はこちらです。 

kouji-fuuji.net

 

  

 

先日、車を運転中、ふーじある小さな行動

驚きと感激がありました。

今日はそのお話です (*^_^*)

  

車の免許を持っている皆さんは、自動車教習所で

こう教えてもらったのではないでしょうか。

 

 ハンドルの持ち方は10時10分

 

私は18歳の時に運転免許を取りましたが

この言葉はよく覚えてます。

 

最近の自動車教習所では、

 

 ハンドルの持ち方は9時15分

 

というように変わっているようです。

昔に比べてハンドルの形が変わったことや、

安全性などを考慮して変わったみたいです。

 

安全運転のために、ハンドルは両手で持つ

ということに変わりないですね。

 

このハンドルの持ち方をホームポジション

呼んだりします。

 

 

私はマニュアル車の運転免許を持っています。

今の車(コルト)はオートマ車で、

チェンジレバーコラムシフトといって、

ハンドルの左側にあります。

f:id:Fusi-Single:20201128110403j:plain

 

車を運転していて、信号機🚦で止まったときや

下り坂を走るときには、チェンジレバー

操作します。

D → P や D → 2 などです。

私は左手をこのように持ちます。

 f:id:Fusi-Single:20201128110417j:plain

 

チェンジレバー操作後、私の癖で

左手をそのままチェンジレバーに添えたまま

することがよくあります。(*^_^*)

 

すると、助手席に乗っているふーじ

すかさず私の左手をつかんで

ハンドルのホームポジションのところに

戻すように誘導するのです。(*^_^*)

いわゆる 9時15分の位置です。

 

これには驚きました。(*^_^*)

しかも、私が同じようにする度に、

同じように戻すように誘導します。

 

 

昔、私が自動車教習所に通っていた頃、

指導員から

 チェンジレバー操作したら、

 持ったままにしないで

と、よく言われていました(*^_^*)

その頃から私の癖があったんですね。

 

ふーじは車というものを理解してますが、

もちろん、運転方法は分かっていません。

 

しかし、ふーじの行動はまるで指導員のように

思えました。

安全運転のために私の手を取ってくれたわけでは

ないと思うのですが、

さりげない偶然な行動に感激しました。(*^_^*)

 

ふーじは、私が運転している姿を見て、

私がいつもと違うことをしていたのを

見つけてくれのかなと思いました(*^_^*)

 

よく見てくれていたんですね。

 

私はその時に、自動車教習所の頃を思い出して、

改めてハンドルを持ちます(*^_^*)

 

  

ふーじとのドライブで、私はふーじに

いろいろと語りかけます。

 

 空見て、きれいだよ

 

 今日は道が混むねぇ

 

 今日はどこ行くかね? など

 

私の問いかけにふーじは言葉ではなく、

笑顔だったり、うなづいたり、頭を傾けたり、

仕草で答えを表現してくれます。

『あー』と言うときもあります。

 

時として、親子のコミュニケーションは

言葉の壁を越えますね。(*^_^*)

 

 

将来、ふーじが障害者施設に入所したら

親子でドライブということは減ってくると

思います。

今こうやって一緒に居られることが

私にとっても、ふーじにとっても

嬉しいことなのかなと改めて気づきました。

 

親子で過ごす時間って大事ですね。

 (*^_^*)

 

------------------------ 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 こーじ

 

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ