父子家庭でも生きる (^_^)

 ~重度知的障害の一人息子との日々 そして親の介護~

019 【障害者デイサービス】息子ふーじ、頑張ってます😊

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ

こんにちは。こーじです。

 

11月13日のブログ

【 017 障害者福祉サービス利用までの手続き 

にて、息子ふーじは令和2年4月から障害者デイサービスへ

通所を始めました。

しかし、環境変化などもあり、ふーじは4月末に

パニック障害と激しい自傷行為が出てしまいました。。

 このブログはこちらです。 

kouji-fuuji.net

  

今日は、その後の様子から現在の様子までを

お話ししたいと思います。

 

 

【デイサービスは一旦休止に】

4月末に自傷行為が出た日の12時ごろ、

障害者デイサービス事業所から、

自傷行為が止まらず、大声が出たり、

 本人の不安も治まらないので、

 迎えに来ていただけないでしょうか。』

との連絡がありました。

私は慌てて車を走らせ、事業所に向かいました。

到着したのは13時頃でした。

 

トイレで大声で泣き叫ぶふーじの姿がありました。

 

ここの障害者デイサービス事業所の活動時間は、

10:00~15:00までで、当日の午前は特に変わった様子は

なかったとのことでした。

 

担当の方には、

 『すみません、数日間は休みます。また連絡します。』

と伝えて、ふーじを私の車に乗せて帰宅しました。

帰宅後も、この日はふーじの自傷行為が続きました。

 

自傷行為は、ふーじが朝起きてから、夕方ごろまで

左手で自分の左頬やこめかみ、顎を叩き、

腫れてしまい、血が出てても続けてしまいます。

なので、こんな時はふーじは部屋でゆっくりと寝かせ、

音楽を聞かせたりして落ち着かせようと試みます。

それでも数日間は治まりません。

 

自傷行為は、特別支援学校の中学部あたりから始まり

高等部には頻度が上がっていました。

登校日数は次第に減っていき、高等部3年の時は、

年間登校日数が30日間程度になってしまいました。

卒業式近くになっても自傷行為が出る日が多く、

学校側の支援が十分に受けられないまま卒業し、

(卒業式はなんとか参加できましたが)

そのままで障害者デイサービスに突入したのが

大きな原因だったと私は反省しています。

 

ごめんな、ふーじ。。

 

 

【休養期間を経て】

5月からデイサービスを休んで、自宅療養をしました。

ふーじは、私の車に乗ってドライブすることが好きなので、

少し調子が良いときには、近所ドライブもしました。

 

上がり調子になってきたときに、

デイサービスの駐車場まで行き、車から降りずに、

デイサービスの建物を外から眺めてみるというのを

何度か試みました。

自宅から車に乗って走り出すところまでは順調なのですが

デイサービスの建物が見えてくると自傷行為が出てしまい、

自宅に引き返すというのを何日も繰り返しました。

 

6月には、てんかん1回発症しました。

幸い、すぐに治まって大事に至らなかったのですが、

焦りました。

 

1歩進んで2歩下がるような日が続きました。

 

7月中旬になり、ふーじも落ち着く日が増えてきたため、

私は相談支援事業所に電話して、相談支援員の方と

面談することとしました。(ふーじも含めて)

もっと早く電話すれば良かったのですが (-_-;)

コロナウイルスの影響もあり、8月に1回、9月に1回

実家に来ていただき、ふーじの様子も見てもらいました。

 

10月には、デイサービス事業所含めて3者で、再開に向けた

話し合いをしました。

この時は、私の弟にふーじを実家で見てもらい、

その間に私だけがデイサービス事業所の会議室に行きました。

 

相談支援員の方からは、デイサービスがふーじにとって

居心地が良い場所となる方法を考えていきましょうとの

話から始まり、私から次のように提案してみました。

 

 ふーじは食べることが好きなので、まずは好物の昼ご飯を

 持ってきますので、食事するところから始めてみるのは

 どうでしょうか。

 それと、デイサービスの建物内や、テーブルなどの写真を

 撮らせてもらえないでしょうか。ふーじは写真を理解できる

 ので、これを見せつつ行動に見通しを持ってもらえるかと。

 

デイサービスの担当の方からは、やってみましょうとの答えが

あったので、それを実践することになりました。

 

ふーじの様子を見て、

10月28日(水)から始めてみることにしました。(*^_^*)

 

 

【落ち着いていこう】

当日の朝10時ごろ、ふーじに事前に撮った写真を見せました。

ここ行ってみようと、声掛けしました。

f:id:Fusi-Single:20201117223003j:plain

A5サイズの写真帳です。 

 

いざ、出発~。(*^_^*)

 

そして、11時過ぎにデイサービス事業所の駐車場に

着いたけど、ふーじは車から出てくれません。

そこで私から次の声掛けとして

 

 『ふーじ、着替えるよ~(*^_^*) 』

 

するとふーじはこの言葉にすぐに反応して、車が出て

普通に歩き始め、自ら建物に向かって歩き始めました♫

 

この言葉は日常的にふーじに話しているもので、

実家から外出して帰宅したときに、必ず、

ふーじの紙おむつのパットを交換するので、

もしかすると、ふーじもそれと同じと思ってくれたのかな。

デイサービスの担当の方もふーじを歓迎してくれました。

 

利用者みなさんで昼食を食べる部屋があるのですが、

ふーじはまだそこが苦手なので、部屋の外のテーブルで

食べてくれました。

昼食後、ふーじ愛用品のふうせんスピーカー

を持たせてリラックスしました。

 

 ふーじの愛用品のブログはこちらです。 

kouji-fuuji.net

  

 

良かった~ (*^_^*)

 

到着から2時間後の13時過ぎには終了しました。

この日は、私もずっと同行して様子を見ていました。

担当の方からは、この方法でゆっくりと慣れていってもらい、

少しずつ活動範囲を増やしていこうとお話がありました。

 

今のところ、ふーじは毎週月曜・水曜・金曜にデイサービスに

通っています。 ( 11時到着で13時半までの活動 )

 

私はふーじと一緒に建物に入っていきますが、

ふーじが昼ご飯を食べた後に、私だけ外に出て

駐車場の車で待機しています。

 

ふーじ、一緒に少しずつ頑張ろう (*^_^*)

 

---------------------

 

ふーじは落ち着いてくれています。

今後のふーじの活動に期待を寄せつつ

目を細めているところです(笑)

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 こーじ

 

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ