父子家庭でも生きる (^_^)

 ~重度知的障害の一人息子との日々 そして親の介護~

017 障害者福祉サービス利用までの手続き

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ

こんにちは。こーじです。

今日は、息子ふーじの

障害者福祉サービス利用までの手続き

についてお話しします。(^_^)

 

息子ふーじは令和2年3月に特別支援学校を

卒業して、4月からは障害者福祉サービス

のうち、生活介護(デイサービス)の事業所に

通っています。

障害者福祉サービスは多くのサービスがあり、

利用するには区役所に申請が必要です。

 

f:id:Fusi-Single:20201113215232j:plain

 

現在、ふーじが利用している生活介護とは、

常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、

食事の介護等を行うとともに、

創作的活動又は生産活動の機会を提供するものです。

 

ふーじの障害が分かったときのお話はこちらです。 

kouji-fuuji.net

 

【特別支援学校 高等部3年生のとき】

特別支援学校卒業後に、障害者福祉サービス

を利用するため、区役所に3種類の申請をしました。

(令和元年12月~令和2年3月までの間のやりとり)

 

① 福祉サービス利用調整申請書 (令和元年12月)

これは、区役所が卒業生の希望をとりまとめ、

優先度や障害状態、施設の空き状況を踏まえて、

福祉サービスの事業所を決めるためのものです。

ふーじが通うことを希望する事業所名を書きました。

 

実は、ここでいきなり事業所を選定するのではなく

事前に学校の進路指導の中で、保護者が事業所に

見学に行き、空き状況や支援の様子を見て、

その事業所に仮予約をしておきます。

ふーじは令和元年10月に事業所に一緒に行って、

雰囲気を感じてもらっていました。

ここなら大丈夫かなと。(*^_^*)

そして、12月に正式に申請を行うというものです。

 

事業所側から見ると、どんな障害を持った方かを

事前に確認しておくことや、配置する支援員の

体制を考える意味もあるようです。

 

そして令和2年2月、

区役所から利用調整決定の通知が届きました。

申請どおりの事業所になりました。

 

 

② 障害者福祉サービス受給者証申請書 (令和2年1月)

これは、障害の程度により利用できる施設を

決めるためのものです。

逆に言うと、申請しないと障害者福祉サービスが

利用できません。

 

また、申請にあたって、医師の診断書も必要です。

ふーじはてんかんがあるため、

かかりつけの市内の小児科の先生に記入してもらい

別途、区役所まで郵送してもらいました。

 

この書類申請とは別に、区役所の方が家庭訪問して

実際に障害者(ふーじ)を見て、生活の様子などを

聞き取りして、審査会に諮ってもらい、

障害支援区分を決定します。

 

障害支援区分は、

非該当、区分1~区分6 の7段階あります。

数字が高いほうが、支援を必要とする度合いが高い

というものです。

 

息子ふーじは、区分5の認定を受けました。

ちなみに、生活介護(デイサービス)は、

区分3以上の方が利用できます。

 

これがふーじの障害者福祉サービス受給者証です。

私の住む市では、折り畳みの紙製です。

(令和2年3月末に届きました)

f:id:Fusi-Single:20201113215244j:plain

 

 

③ セルフプラン案の提出  (令和2年3月)

障害者福祉サービス受給者証が届いたら、

区役所に、セルフプラン案を提出しました。

これは、どの程度、事業所を利用する予定かを

記入したものです。

通常は、相談支援員の方と契約して、

面談後、記入してもらうのですが、

私の退職や、親の手術もあって契約が間に合わず、

セルフプランとして提出することにしました。

 

相談支援員の方と実際に契約したのは

この半年後 (令和2年10月) になりました。

相談支援員とは、福祉サービスのとりまとめ役

をしてくれる方です。

利用中の事業所の相談、支援内容の調整や

将来的なことの相談といったことまで、

相談できます。

今後は、相談支援員・事業所・私の3者で

ふーじの状況を見ながら調整していく形です。

 

 

生活介護利用開始】

こうしてふーじは、令和2年4月から

生活介護(デイサービス)に通うことに

なりました。

生活介護の事業所によっては、送迎が

あるのですが、ふーじの通う事業所にも

送迎バスがあります。

しかし、そのバス路線から離れているため、

自力で通う(私が車で送迎)ことになります。

 

ふーじにとって、新たな生活になります。

 

生活介護は平日の月曜から金曜までの

サービスになるのですが、最初から週5日にすると

負担が多いと考えて、

週3日から様子を見ることにしました。

(月曜、水曜、金曜)

 

私もふーじも、期待と不安の中で始まった4月。

上手くいってくれるといいなと思っていましたが、

4月末のある日、ふーじは事業所で

パニック障害を起こし、激しく自傷行為

出てしまいました。。。(>_<)

 

                (つづく)

 

この後のふーじの状況は、またお話ししますね。

今日はふーじの障害者福祉サービスの手続きについて

お話ししました。

 

-------------------

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 こーじ

 

読者登録お願いします(*^_^*)

 こーじ&ふーじ